プロフィール

幻想萃符伝製作委員会

Author:幻想萃符伝製作委員会
東方カードゲーム、幻想萃符伝に関してあれこれと。

幻想萃符伝公式サイト

Twitter on FC2

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
お待たせいたしました。幻想萃符伝MWS用オンライン対戦ファイルの準備ができました。
こちらからダウンロードしていただけます。(約16MB)
同時にIRCチャンネルも開設しました。IRCnetに参加しているサーバに接続し、「#幻想萃符伝対戦ロビー」までお越しください。

それでは皆様をお待ちしております。よい週末を!

追記:
日本語・英語カード名対応表を作成しました。デッキ作成の助けになれば幸いです。
http://www.bi-pi.info/suifuden/data/suifudenjp-en.html

追記2:
MWS本家
http://www.magicworkstation.com/
とても丁寧にMWSの導入・使用方法を解説されているサイト
http://www7b.biglobe.ne.jp/~mws/
※「インストール」で説明されている、ゲームパックや画像・テーマファイルは必要ありません

追記3:
アップロードしてから一部のデータが間違っていることに気づきましたので、修正したファイルを上げました。
旧いファイルをダウンロードされた方は、こちらから最新のmwBaseファイルをダウンロードできます。

以下拍手レス
>ネット対戦首を長くして待ってますwそこで提案なのですが、MWSだと都合上カード名が英語になると思うのでデッキ作成ツールを作ろうと思っています。そういった場合、公開はしても良いのでしょうか?
ありがとうございます。全く問題ありません。上の対訳表が少しでもお役に立てば幸いです。
ただし、次の二点を守ってください。
・カード画像を使用する場合は、MWS用に配布している画像を使用すること(カードからスキャンしないでください)
・萃符伝製作委員会は、ツールをサポートしないことを明記すること
ツールができればとても便利になると思います。完成を楽しみにしていますね。
スポンサーサイト
プレビュー以来のご無沙汰でした。WindFallです。

本日は訂正のお知らせと拍手レスです。

○訂正
刻符ルールの誤字を修正しました。

○拍手レス
>例大祭お疲れ様でした。サークルの前で話し込んでしまい、こちらだけでなく隣のサークルさんや通路に迷惑をかけてしまい申し訳御座いませんでした。

いえいえ、お気になさらないでください。楽しんでいただけたようで何よりです。次回(いつになるでしょうか)お会いできることを楽しみにしています。


今回はここまでです。またいずれ。
例大祭お疲れ様です
無事に例大祭を終了することができました。参加されたみなさん、本当にお疲れ様でした。
いろいろ感想を書きたいところですが、いくつか皆さんにお伝えしなくてはいけないことが。

第一弾と土地セットの再販について
おかげさまで無事に第二弾「幻想回向」を頒布できました。予想以上にたくさんの方々に手にとって頂くことができました。ただただ感謝感謝です。
しかし、あまりに人数が多かったために、用意しておいた第一弾と土地セットが無くなってしまい、一部の方々には残念ながらお渡しできませんでした。サークルの在庫・とらのあなさんの在庫も無くなってしまったため、現在第一弾・土地セットの再販を検討しています。そのまま再販するのもアレなので、第一弾には箱をつけることも考えています。

新キーワード能力『刻符』詳細
新キーワード能力『刻符』のルールを公開しました。幻想萃符伝webサイトの「総合ルール」からご確認頂けます。
というか、ぶっちゃけ本家M:tGの『消失』と同じです。刻符を萃めることで時間を引き延ばし、場から去るまでの時間を稼ぐことができる……というイメージです。

ネット対戦を準備中
スペースに来ていただいた方はすでにお聞き及びかもしれませんが、現在MagicWorkStationを利用したネット対戦を準備しています。
近日中に公開できると思いますので、楽しみにお待ちください。


以下拍手レス
>お疲れ様でした! 第1弾に続き今回も4セットGETさせて頂きましたw
ありがとうございます!第一弾と組み合わせるといろいろシナジーが見えて面白いですよ

>最高の第2幕ドラマをありがとうございます!バーサーカーソウルに盛大にふきましたw
笑っていただけて何よりですw
プレイするときは下のフレーバーを大きな声で読み上げてください
対戦相手がノリノリで読み上げてきたら、「はいはい《野止め》《野止め》」と対応してください。きっと相手はしょんぼりします

あとすごく細かいことですが、バーサーカーソウルで公開したカードは墓地ではなくゲーム外に行くのでご注意ください

>例大祭お疲れ様でした。 ・・・なんだか妙に「り15~21」の辺りで混雑してましたね・・・^^;
というか、今回の例大祭は全体的に混雑していましたね。風の噂では、お昼過ぎでもまだ入場待機列が7000人居たとか……。西4ホールでも入りきらないとなれば、次は西1・2ホールでしょうか
こんばんは、yifeです。ついにこのプレビューも最終回ですね。前回ニュー速さんが予告されていたとおり、今回は私がプレビューを書かせていただきます。
以前言っていた順番と違うじゃないか、と気づいた人がいたらすごいですが、ぜひ私が書きたいと無理を言ってwindfallさんに替わってもらったのでした。なぜって?そりゃもちろん、秘封倶楽部が大好きだからですよ!

もしかしたら、第二弾の登場キャラクター一覧を初めてご覧になったときにこの2人が入っていたのを不思議に思われたかもしれませんね。それほどメジャーでもない秘封倶楽部をなぜフィーチャーしたのか?それはもちろん私がひたすらプッシュしたのもありますが――しかしもちろん、別の理由もあるのです。つまり、ゲームの世界観を広げるために、そしてよりタクティカルなプレイを可能にするために。

ご存じでしょうが、秘封倶楽部は私たちと同じ結界の外の世界に暮らす大学生2人で結成されたサークルです*1。その活動内容は、結界の隙間を見つけては潜り込み、他の世界を探検すること。もちろん、一般人である彼女たちに戦闘能力はありませんが、豊富な知識と飽くなき探求心の担い手である彼女達はそんなことで怖じ気づいたりはしないのです。

サークルメンバーの1人、マエリベリー・ハーン。結界を視る程度の能力を持つ彼女は、夢の中で幻想の世界に旅立って、現実世界に様々な品々を持ち帰ってくることがあります。この状況を表現するとどうなるでしょう?萃符伝をプレイ中、私たちが見ているライブラリー、場、手札や墓地といった領域は幻想郷を表現しています。――つまり、博麗大結界の内側です。では、大結界の外側とは?

彼女は結界から溢れだした様々なものたちを見つけてくることができます。それらは結界の中と外で同じ姿形をしているとは限りませんが、いかな姿であれ、それはきっとあなたの助けになるはずです。

もう1人のサークルメンバー、宇佐見蓮子。彼女は大学で超統一物理学を専攻しています。彼女はメリーのように直接幻想に関わることはできませんが、その莫大な知識と知恵は、現在と過去を分析し、現状を理解し、知識に裏打ちされた的確な判断することによって、あなたに最適な未来への選択肢を見せてくれます。

しかし、ゲームプレイ的な観点から2人の能力を見ると、それぞれ単体ではアドバンテージを取ることができないことにお気づきでしょうか。蓮子は迫り来る未来の情報とよりよい未来への手がかりを与えてくれるとはいえ、カードを引いたりライフを回復したりしてくれるわけではありません。メリー*2だって、そもそも何らかの方法でカードをゲーム外に取り除かなければただのシャドー持ちの0/2です。

しかし、秘封倶楽部たる彼女たちの能力を個別に評価するなんて野暮もいいところ。2人はタッグを組んではじめてその真価を発揮します。
蓮子の知識とメリーの能力を合わせれば、未来を予測するだけでなく、最適化することができるのです。
その具体的な能力は、Xマナを支払うことで占術X*3を3回行うこと。5マナ支払えば、最大15枚のカードを見ることができます。それらのカードは、単に順番を変えるだけでなく、欲しくないカードをライブラリーの一番下におくこともできます――望まない未来を回避できるのです。これがどんなに強力な効果がお分かりでしょうか。確かに、この能力も盤面には一切の影響を及ぼしません。しかし、あなたは毎ターンのドローで、常に状況に最も適したカードをライブラリーから探してくることができます。つまり、マナさえ十分なら、実質的にデメリット無しで《魔性の教示者/Diabolic Tutor》をインスタントタイミングで好きなだけ使うことができるのです!相手のターン終了時に余ったマナで能力を起動して、続く自分のドローで欲しいカードを確保する。とても魅力的ではありませんか。決してクリーチャーを出して殴り合うだけがマジックの楽しさではありません。よりテクニカルになった戦いで、あなたの頭脳を対戦相手に見せつけてください。


さて、これまでのプレビューをご覧の方はお気づきかもしれませんが、いずれのプレビューも「キャラクター本人とスペルカード、それ以外のカード」の3枚を紹介するのが基本構造になっています。しかし、秘封倶楽部のメンバーはスペルカードを持っていません。「なるほど、じゃあ彼女たちは収録枚数が少ないのかい?」ですって?いえいえ、そんなことはありません。確かにスペルカードはないものの、幻想回向に登場する他のキャラクター以上に彼女たちに関連するイベント・人物を表したカードが収録されています。ぜひそのすべてを紹介したいのですが、今回はそのうちの1つを紹介して終わることにしましょう。残りは例大祭をお楽しみに!*4

現実世界でも月旅行にお金さえあれば行ける時代になりましたが、秘封倶楽部が住む時代でもそれは同じようで、月面旅行に出かけるにはそれなりのお金が必要なようです。彼女たちは一度はその金額を見てあきらめるのですが、『別の方法』で月に行くことを検討し始めます。さて、実際のところどれほど高額なのでしょう?オープン・ザ・プライス!

30マナ!そもそも出せるかどうか非常に怪しいマナ・コストです。しかも、不正入手(墓地から釣ってくるとか)すれば、とても厳しい制裁が待っています。唯一の望みは、墓地の枚数によるマナ・コスト軽減。量産効果によっていくらかは費用が安くなるのです。
しかし、その効果はコストを支払ってあまりあるほど魅力的です。このチケットを持っている限りあなたは敗北することはありませんし、対戦相手は勝利することができません。おまけに、チケットをもぎれば、次の自分のターンの終了時に月面旅行に旅立つことができます。まさに科学の勝利――宇宙開発勝利です!*5科学の申し子たる彼女たちにはまさにふさわしい勝利ではないでしょうか。Yes, that's the ticket!*6


これで幻想回向のプレビューもおしまいです。最後まで読んでいただいてありがとうございました。とりあえずこのブログの更新は例大祭までお休みです。それ以降はまた交流会の情報などを乗せていく予定です。しかし、とりあえずは例大祭をお楽しみに。
それでは、例大祭にいらっしゃる方と日曜日にお会いできるのを楽しみにしています。よい週末を!


*1※正確には近未来
*2※マエリベリー・ハーンの愛称
*3※ライブラリーのカードを上からX枚見ることができる。そうした場合、それらのうち好きな枚数(0枚でも可)を好きな順番でライブラリーの1番下に置き、そして残りを1番上に好きな順番で置く。
*4※秘封好きの人は本当にお楽しみに!収録枚数だけで言うなら、実は登場キャラクターの中で秘封関連のカードが一番多いという驚愕の事実
*5※ちなみに、このカードの開発時のあだ名は《アルファケンタウリへようこそ》でした。
*6※まさにお誂え向きだ、の意
早くもプレビューが一周してきおったわ。
そりゃ途中で諸事情ウゴウゴしてりゃー已むを得んわね。

さてまぁ運命のDoomsDayたる例大祭まで後5日、ここまで来るとプレビューも佳境も良いところさね。
そんなわけで今回のメインキャラクター達の中でも飛び切りの待遇を受けた娘を紹介するぞ。

それはこの知識と日陰の少女で御馴染みの彼女だ――全く以って俺はパチュリー好きと囁かれる事が多くて困る。実際そうだけど。精霊魔法としての技の属性の多彩さや弾幕の美麗さ、キャラそのものにも魅力が多い彼女に惹かれる者は多かろう。
彼女はこの萃符伝でもその力を認められ、MtGという土俵で大活躍する事となるだろう。
まず上記のパチュリーを見てくれ。こいつをどう思う
すごく……ネタ振りがデジャヴです……
とにかく色拘束が痛い事に着目しよう。 最初カードデザインした時からあまり姿こそ変わっていない。当初から、構想はウィザードをウィザード足らしめるような、マナコストの重さに対する貧弱さをウリにしていたんだ。
彼女そのものは病弱娘――最近その設定は忘れ去られつつあるが――なんだから、このような貧弱!貧弱ゥなサイズでも致し方あるまい。
今更青のトリプルシンボルに驚く読者の皆さんでもあるまいと。当然。ウィザードの資本は身体では無い。
有り余る知恵を有する大魔法図書館、それを統べる彼女は知を引き出す事を得意とする。
とはいえパチュリーの可愛さは基本的には一人では動かないところだと思うんだ。彼女は紅魔館周りのメイドや、そこらへんを遊歩する小悪魔の首根っこを引っつかんで図書館内の本を探させる。
その結果得るものはMtG、ひいてはカードゲームにおいての根本的な強さ、ハンドアドバンテージだ。
無論パチュリーの力はそれだけに留まらない。
ドローによって知識を得、更なる力を行使する。今回の萃符伝の環境ではコントロールの色を強くしているんだが、その中でもパチュリーのもう一つの能力は格別だ。
メイドや小悪魔を使役するだけに飽き足らず、手札に眠った彼女らをポイポイ捨て、必殺のカウンタースペルを発動する。
マナさえあればタップ無しに連打出来るので、上手くメイドや小悪魔を手札に溜め込めるデッキを組めば相手に何もさせないまま、パチュリー1体でゲームを掌握出来る筈だ。

あれっ小悪魔って初耳なんだけど(
って人ばっかだと思うのでその実態を若干だけお見せしようじゃない。

彼女は名の通り悪戯好きな悪魔でパチュリーへは全く与している様子は無い。能力も正反対で、スペクター系の能力を発動する優秀なキャラクターだ。
あまりパチュリーは人様の知恵を食らうような愚考は好まないだろうけどモノは考えようだ。
ちなみに 小悪魔さんもキャラクターである手前、実はもう一つの彼女が存在する。
そちらはこの悪戯魔とは全く正反対の性質を持ってるんだが……それは読者さんにも察しはつきそうか。

あ、勿論パッチュリーさん一人だけではドローも出来ないし打ち消しも撃てない。
しかもパワーも無い。このままではただの置物だ。エンチャントみたいによく机の隅で忘れ去られるアレだ。
彼女の力に頼りたいのならば、君のデッキを大図書館ぽい構成にするしかないのさね。


さりとて――キャラクターといえば最大の見所はスペルカードだ。彼女も彼女単体では終わらない。
マーキュリポイズンなるカードは、術者本人そのものを後押しするかのようなカウンターカードである事を見て取れる。色もとても彼女らしいわけだが……なんとまぁイヤらしいライブラリー破壊のオマケつき。
相手の使った呪文の威力をまるっとハネかえし、直接相手の選択肢を破壊していく。元々東方のゲーム中でもカウンターは得意だとかなんとか言うし、倍返しもお手のモノなんだろう。と思ったら術者本人がいると更に倍になった。
宣言によって倍倍返しともなれば、これでは咲夜さんもうかつにアレは撃てまい。
逆にショックみたいなモンを打ち消す時には注意してくれ。ただの重いキャンセルになっちゃうからさ。

しかしドローだの打ち消しだの手札破壊だの、青黒くさいチマいいやがらせしか出来ないのかい君は。
パチュリーも日陰の少女と謳うだけあるな。もう知識じゃなくて日陰だけでいいじゃん(横暴

しかしあまり彼女を怒らせない方がいい……

げぇーっあの技は
パチュリーさんが体調の良いときにしか使えない全力全開の時空必滅スペルカード!

彼女に似つかわしく無いまでの大雑把呪文はパチュリー本人も巻き込んで全てを消し去る。術者がいればカウンターすらも通用しない呪文で、エンチャントと 後 山札 以外の全てを壊滅させてしまう。
墓地にすら残らないし、そもそも墓地すらも無くなる。跡形も残ってはくれない。
その分のコストの重さなんてあまりにも安いもんだろう。
全く厨臭いなさすがパチュリーくさい

だが エンチャント は破壊しないのよ。
「相手のエンチャントは残っちゃうじゃなーい」と思うかもしれない。とはいえそこは矢張り考えようだ。
「じゃあ自分がエンチャント貼ってそれで勝てばいいんじゃねー」
と考えるのが、
このゲームでは最も重要とされる思考だろう。
なにもキャラクターを持つものがクリーチャーである必要はない。言わばこのパチュリーは自らを魔力そのものと化した、効率重視の姿なのだ。
相手の目を欺き、隙あらば必殺の一撃を放ちにかかる。
結局最後まで正々堂々と戦わない彼女でも、その力を借りるにはそれ相応の対価が必要だ。それは眩く光る5色のマナ・シンボル。MtG経験者ならばこれを使役する事がどれほど難しいか、簡単に理解できると思う。
実は、パチュリー本人のみならず、パチュリーの持つスペルカードは全ての属性、全ての色をおさえている。
上で紹介した2つのスペルカードもほんの挨拶代わりでしかない。プレビュー冒頭で言った“優遇”てのはそういう事だったのさ。

この萃符伝第二弾をそのまま代表すると言っても過言ではない、あらゆる戦局にて活躍できる力を備えた七曜の魔女。
それがパチュリーというわけだ。
でも色拘束が気になった時は図書館に聞いてみようぜってか図書館ほんと万能だな!

マナまで備えようとは全く抜け目のない策士よのう、パチュリー……
おかげさまで萃符伝においては、彼女に出来ない事はない。保障しよう。



次回予告:Yife君がなんか言ってますー
     というか後キャラ1つしかないからお察し

こんばんは。例大祭まであと1週間に迫りましたが、みなさまいかがお過ごしでしょうか。
プレビューを始めてから、一日10アクセスくらいしか無かった当サイトが20-30倍のアクセスを数えるようになって『狂喜』しています。+1/+1カウンター万歳!

今回紹介する《小さな百鬼夜行、伊吹萃香》も、+1/+1カウンターを使用したギミックを持っています。
場に出たときは小さいものの、お酒を飲んで酔えば酔うほど巨大化していきます。そのペースは1ターンに+1/+1。以前にも紹介した《一喝》など、何らかの手段でアンタップしてやればさらに大きくできます。1ターン目に《森》から出せれば、5ターン目には4/4、10ターン目には9/9にまで成長します。早いうちに除去できなければ、すぐに手のつけられない存在になってしまうでしょう。
さらに、疎と密を操ることにより、ミニ萃香を産み出すこともできます。そりゃもうぽこぽこと。産み出すのに必要なマナはたった1マナですから、「余ったマナで分裂→攻撃→ブロックされたらダメージを乗せて萃香に戻る」とか、「余ったマナで相手のターン終了時に分裂→次のターンに攻撃」なんて小技も可能です。様々な能力で対戦相手を翻弄する彼女は、強力で厄介なクリーチャーとなることに間違いありません。
ところで、みなさんはプレビューpart1で紹介した彼女を覚えていらっしゃいますでしょうか。彼女のテキストを今一度よくご覧ください――「他のクリーチャーが場に出るたび」と書かれていますね。そう、彼女の能力はクリーチャー・トークンでも誘発するのです!
これがどれくらいすごいことか、ちょっと計算してみましょう。あなたが《大らかな裁判官》を4体コントロールしている状態で、対戦相手のターン終了時、余った3マナで萃香からトークンを発生させるとします。1体目の鬼・クリーチャー・トークンを産み出すと4点回復。2体目以降は8点回復です。つまり、たった3マナで4+8+8=20点回復!5マナなら36点、10マナあれば76点回復できます。訳が分かりませんね!

ん?あれ、なにかご不満ですか?「そんなにライフを回復したって、対戦相手のライフを減らせる訳じゃないし、勝利に結びつかないよ。もっと攻撃的なカードはないの?」ですって?それじゃあ、彼女のスペルカードを見てみましょう。
先に理解しておいて欲しいのは、幻想郷最後の鬼である彼女はとても誇り高い、ということです。彼女はどんな相手にも正々堂々と立ち向かいます。端から見れば非効率にみえるかもしれませんが、彼女は自分の圧倒的な力があればいかな小細工も打ち砕けるということを理解しているのです。
例えば、こんな風に

さあ、そろそろ次のプレビューに移る時間です。最後に1つだけ、カードをお見せして終わることにしましょう。
このプレビューを最後まで読んでくださったあなたなら、このカードの本当の強さが分かるはずです。
《妖鬼 - 疎 -》

それではまたお会いしましょう!次回のプレビューはニュー速さんが引きこもり少女を紹介する予定です。よい"祭りの前"を!
 こんばんわ。プレビューpart1以来のご無沙汰でした、WindFallです。早い物で今回でプレビューも4回目を迎えることとなり、紹介者も一巡して私に戻ってきました。皆さんももうご存知のとおり、このプレビューは私も含めた3人――Yife氏、ニュー速回線氏、WindFall――で順番に執筆しています。執筆者ごとにそれぞれカラーの異なった文章を楽しんでいただけたら幸いです。

さて、前置きはこのぐらいにして、さっそくプレビューに移る事にしましょう。
前回の予告どおり、今回のプレビューでは文々。新聞を擁する新聞記者、伝統の幻想ブン屋、射命丸文にスポットライトを当ててお送りいたします。

 さっそく能力を見ていきましょう。クリーチャーとしての彼女はこの上ないほど貧弱です。飛行こそ持っているものの、戦闘時の頭数として数える事は出来ないでしょう。しかしながら、嘆く事はありません。新聞記者の本領は戦いに在らず。彼女もまた、直接の戦いとは違う、強力な能力を持っているのです。
それは、スペルカード呪文を打ち消し、さらにそれを自分の物として一度だけ使用できるという、非常に強力な能力です。多目のマナ、さらにタップも必要としますが、その能力の有用さは計り知れません。
 彼女の特性を考えてみます。まず、カウンターの能力とはいえ、その能力が実際に火(?)を噴くことは少ないでしょう。なぜなら、残念な事に彼女の存在は事前に相手に知られてしまっているからです。しかし、その事は逆に相手への威圧にもなります。彼女がアンタップしている時(そしてあなたのマナが潤沢な時)、無防備にスペルカード呪文をプレイできるプレイヤーはまずいないでしょう。相手の強力なスペルカードを、その手札に縛り付ける事ができるのです。もちろん、それだけでは幾らでも対処されてしまいますが、あなたの方もなにも文だけが戦っているわけではありません。part1で紹介した<<楽園の最高裁判長、四季映姫・ヤマザナドゥ>>や通常のカウンター呪文等と組み合わせれば、あなたの守りはまさに鉄壁となる事でしょう。
 さらにトリッキーな使い方もあります。自分のスペルカード呪文が相手に打ち消されそうになったとき、自分で文の能力を起動し、打ち消してしまうのです。結局打ち消されるじゃないかって? いえいえ、文の能力でもう一度呪文を使う事が出来ますから、実質相手のカウンターを打ち消したのと同じ効果になります……文が倒されなければ。まあ、即座に文が倒される事はそうそうないでしょうから、あまり心配は要らないでしょう。多分。


 さて、ここまで文の能力を解説してきましたが……不満そうな声がちらほらと聞こえますね。なんでしょう。
え? 文はこんなに貧弱じゃない? 新聞記者であるだけじゃなく、強力な力を持つ天狗でもある筈だって?
確かにそのとおりです。人も人以外も得てして多面性を持つ物。射命丸文という少女を表現するには、一枚のカードではとても足りないのです。それを解決するため、私たちは――第1弾をプレイしてくださった方ならすでにご存知のはずの――とてもシンプルな解決方法をとることにしました

 そう、文を表現するカードは1枚ではありません。キャラクター能力(詳しくはこちらを参照してください)を応用する事により、一人のキャラクターを幾枚ものカードで表せます。それにより、文のような多面性を持つ少女も余すところ無く表現する事が出来るのです。キャラクター能力の応用方法はそれだけではありませんが……今はこのぐらいにしておきましょう。今後のプレビューをお楽しみに。


 さて、天狗としての文の能力を見てみましょう。まず目を惹くのは、ずらりと並んだキーワード能力の数々です。飛行、瞬速、速攻、先制攻撃。どれもが彼女の特性である「速度」をこれでもかというほど表しています。さらに、手札を1枚捨てることで即座に手札に撤退する能力まで備えており、除去に対する耐性も抜群です。能力が盛りだくさんな分単純なサイズには少し問題がありますが、彼女の速さを妨げるほどではありません。彼女はまさに、その速度を持って幻想郷に君臨する「幻想郷最速」なのです。

 彼女の使い方は多様です。たとえば、赤を織り交ぜたパーミッションデッキのフィニッシャー。パワーは少々控えめとはいえ、7回攻撃すれば対戦相手のライフはなくなります。瞬速で隙を作りにくく、除去に耐性のある彼女を採用するのに問題はないでしょう。たとえば、赤単デッキの中型クリーチャー枠。飛行と速攻の組み合わせは相手にとどめを刺す際に非常に有効ですし、普通に出して殴っているだけでも火力でのとどめのサポートをしてくれます。後者の際には、クリーチャー戦闘で有利になる先制攻撃が大きな助けとなってくれるでしょう。それ以外にも、彼女をうまく使う方法は多々あるはずです。


 さて、これまで単純にクリーチャーとしての文を紹介してきましたが、文の関連するカードはそれだけではありません。そう、彼女の持つ多彩なスペルカードが、文の能力に彩りを添えてくれます。今回は、その中でももっとも派手な1枚を紹介しましょう。

さあ、見てみてください


 どうでしょう? これが彼女の切り札です。力持つ天狗らしい、豪快な一枚だと思いませんか? しかも、ただ大胆なだけではなく、狡猾な一面――瞬速――をも持ち合わせているのです。

これをどう使うかはあなた次第ですが、文とのコンビネーションがこのカードをさらに強力にすることは確かです。たとえば、赤い文が出ている時、相手のターン終了時にこのカードをプレイし、次のターンで文をプレイしてみればどうでしょう。無人の荒野を最速の少女が駆け抜けていくさまは、なんだか絵になりますし……なにより、非常に強力です。


知的にして最速の少女。彼女とそのスペルカードがあなたの手に届くまで、もう少しだけ待っていてください。


さて、次回のプレビューでは、最も古い力を振るう少女を、上司ではないですが偉い(と私が思っている)人ことYifeさんが紹介する予定です。
それでは、またお会いしましょう。よい萃符伝ライフを。
こんばんはー!今日は三回目のプレビューの日です・・・が、その前に拍手レスを。

>うみ
うみ?
ちなみに、海の反対って空と山のどっちなんでしょう?

>先生・・・サイトの雰囲気が良いです・・・
ありがとうございます・・・苦労が報われましたorz


それでは、お待たせいたしました。カードプレビューをどうぞ。
今回はニュー速回線がご案内いたします。

----


拍手(myブログで)されたからには登場せざるを得なかった。
というわけでおいすー 最近あらゆる場所に偏在しつつあるニュー速ですこんばんわ。
黄金週間も終焉を迎えたのに未だにぼくは信じようとしません。

ときにプレビューだそうで。
我がフランちゃんへの偏愛振りには周囲も一目置いてるという名目で一歩引いてる節があるわけだが、まぁロリコンである事を暴露してる以上邪な考えも公言すべきだという主張の下に全力で彼女を紹介致そう。

フランドール・スカーレットは、当萃符伝第二弾――第一弾含むかもしれん――において漸く登場したと言える、“見れる”クリーチャーだと思わないか。
この、生半可なクリーチャーを寄せ付けすらしないパワー/タフネス、火力をも実質封殺し、更に黒除去を寄せ付けぬ色。
まま、ここまでは黒いファッティとしては当然。イラストもさる事ながら始めての弩級クリーチャーの印象に圧倒されがちではなかろうか。良く見れコストが合計10マナもあるじゃないっか
まぁそりゃあこの能力を見れば納得できるじゃろう……?
かつての本家Mt:Gにおける催眠魔を彷彿とされるとんでもない手札除去能力。おまけのようにくっついて来た打ち消されないという一文が彼女の非道振りに追い討ちを掛けるわけさね。色々な意味で禍々しいところが全く可愛い。
とまぁ、これほどマナ・コストが大雑把な彼女はやる事も大雑把だったのよね。
特に相手が手札を溜め込み、こちらの出方を常に伺うようなデッキであれば、10マナ溜まるまで待っておこう。それだけで良い。
逆に速攻で勝負を決めにくる相手では速度不足甚だしいけど。
まぁ、フランちゃんは曲りなりにもEXボスであられる――――姫様の出番は最期まで取っておいてやるものなのさ。

しかしいくら1枚のカードパワーについて語ったところで、彼女単体での勝負ばかり考えていては矢張りゲームがスムーズに進まない。
君が使うデッキでのEXステージの道中は、色の相性の良い紅魔館の人々に華麗に彩って貰いたい。
とはいえ、フランちゃんは決して序盤戦に脆いわけじゃないよ。
フランちゃんのスペルカードはどれも小回りが通用し、デメリットを伴いつつもテクニカルかつ残虐非道な効果を齎す事が出来る。
その効果はどれもが確実なアドバンテージを君に与えてくれる。4種類全てが美しいまでのパワーカードだ……とはいえ、プレビューでは残念な事に1つしかスペルカードを紹介できない。
ここはひとつ、フランちゃんの至高の出来と思われる1枚を紹介しよう。

というわけでこのスペルカードを見てくれ。こいつをどう思う
すごく……ウザいです

注目すべきはなんといってもマナコストのカラフル振り。戦いを鮮やかに演出するフランちゃんらしいカードだ。色拘束はかなり厳しいものの、効果はマナの色にそぐった強力無比なもの二種類ときた。特に宣言により双呪を使えるようになった暁には正に紅魔無双が始まる始まる。
勿論、普通に使ってもアドバンテージを損なわない優良カード。上の能力は再生を許す除去だが黒いクリーチャーをも対象に取れ、キャントリップがオマケについてきてハンドアドバンテージを失わない。倒さなければ負けるようなクリーチャーがいる時に限ってそいつが黒い、とかありがちだしね。
そして下の能力は敵クリーチャーをバウンスしつつ手札の破壊を強要する。手札が複数枚あれば、戻したクリーチャーを捨てるべきか他のカードを犠牲にすべきか相手は迷うところだろう。勿論相手の手札が無い時に使えば実質的な除去になる。
萃符伝が多色推奨環境な事を後押しするかのようにこんなカードが登場するとあっては、中々如何して紅魔館の優勢を物語ってるわけやね。

でも宣言はフランちゃんが場にいなければ使えないよ! 10マナも溜めてたら撃つ機会を損なうよ!
そんな時はもう1枚あるフランちゃんに期待すればいいじゃない! マナコストは秘匿だけど!

どうしても大きい方のフランちゃんを使いたい時は墓地からリアニメイトしよう。でも気をつけてくれ、フランちゃんはコストやP/Tに似合わず、とても繊細で気高い。
彼女の眠りを妨げて、手札以外の場所から強制的に場に出してしまっては、不貞腐れて満足に能力は発揮してくれないのだよ。

ちなみに。
フランちゃんはレミリアお姉様と同様に、吸血鬼の僕を手にしている。
峻厳高貴にして見敵必殺を誇る彼女達に従えるのだから、そりゃあ使いこなさんとすれば大変だ。
お姉様が展開するこいつには第一弾でも苦汁を舐めさせられたもん。
第二弾にて本人と同時に登場したフランちゃんの忠実なる狗ともなれば、最早手のつけようがない事は明白。
目の前にあるものを問答無用で破壊し、その対価を術者へ問う――等価交換と言うにはあまりにも横暴だが、この悪魔の僕はそれに見合う仕事をしてくれる筈だ。通常のウィニーのようなデッキに入れても、2マナでパワー2という能力を活かして十二分に暴れてくれるであろう。
更にプレイヤーへの直接火力で、文字通り相手を紅蓮地獄へと引きずり込んでしまって欲しい。

しかしこんな凶暴そうな狗も、フランちゃんへは絶対忠誠を誓っている。彼が一匹場にいるだけで、フランちゃんの戦闘能力は更に加速し、それこそ手の付けようが無くなるのだ。
ねぇ咲夜さん! 殺人ドール2枚貸してくだしあ!!1
これが紅魔館のしきたりか……DVだなさすが紅魔館でぃーぶい


つまり今回の話を纏めるとフランちゃんは可愛いという事だ。異論は認めない。
なぁに、彼女の周囲にはまだ紹介出来てない魅惑的なカードが数多くある。
攻撃的かつ反抗的で、しかし確実に術者の期待には応えてくれる、そんな姫君を活かす手立ては、プレイヤーの諸君の手腕一つで如何様にでもなるわけさ。


よし以上にて、無駄に間を空けたままだったフランちゃんの紹介を終えよう。
全く持って彼女への愛は肝胆から冷め遣らぬな……
絵も描きたかった(

次回予告:Windfall君が某新聞記sy「お、おまえは―――!?」


こんばんは。前回紹介頂きました鬼上司ことYifeです。うん、でも、そもそも上司ではないんですけどね。だいたいサークルで上司ってなにさ?それはともかく、早速プレビューを始めることにしましょう。

ゴールデンウィークももう終わりですが、みなさんはどんな風にこの連休を過ごしましたか?私はやることが多くてあまりのんびりできなかったのですが、ついついやるべき事を後回しにしてしまうんですよね。怠けがちな小学生が8/31になってから夏休みの宿題を始めるようなもので、いざ後がなくなってからとりかかるという……。

今回紹介する「サボタージュの泰斗」こと小野塚小町も、プレイヤーが本当に追い詰められないと働いてくれません。あなたに少しでも余裕(手札)があると、昼寝を始めてしまいます(アンタップしません)。性能だけを見れば黒1マナで4/4トランプルと破格ですが、彼女をまともに戦わせるのはなかなか大変です。

さて、ではどうすれば彼女を働かせることができるでしょうか?
1つめの答えは、惜しみなく手札を捨て、強制的に小町を働かせることです。まさに"背水の陣"ですね。対戦相手の妨害に対応することはほとんどできなくなりますが、4/4トランプルという大きなサイズを活かして、対戦相手の体勢が整う前に殴りきってしまえばいいのです。

2つめは、映姫様に叱ってもらうことです。1度叱ってもらえば、そのターンは攻撃に参加することができます。一喝をうまく引いてくる必要はありますが、これならデメリット無しで1マナ4/4トランプルという性能を引き出すことができます。

3つめは、スペルカードを使うことです。死神である彼女のスペルカードには、ダメージや破壊という黒らしい強力な効果が豊富に揃っています。今回は、その中から1つだけお見せして、この紹介を終わることにしましょう。

宵越しの銭です。

この呪文は、宣言有りと宣言無しでは性能に大きな差があります。同じ"名前"のカードがめくれることはそう多くないでしょうが、同じ"色"となれば話は違います。宣言ありで単色のデッキ相手に撃てば、一気にデッキを半分以上削ることだって夢ではありません。本家MTGでも《石臼》などを使用したライブラリー破壊は根強い人気がありますが、萃符伝でも十分に第一線で活躍できますよ。


さて、そろそろこの紹介も終わりにしましょう。次回はニュー速さんが紅い魔法少女を紹介する予定です。それでは、よい休日と萃符伝ライフを。
 幻想回向プレビューにようこそ! いよいよ例大祭で登場する幻想萃符伝新エキスパンションのヴェールが上がる時だ。そして、もちろんセット初のカードのプレビューも、まあ、最後までにはされるはずさ。でもまだお預け。今はしばらくの間、お膳立てが済むまで……。

 ……マーク・ローズウォーターの文体模写はこのぐらいにしましょう。ネタとして滑っている感が否めませんし。
改めましてこんばんわ。初めまして。幻想萃符伝スタッフ下っ端、WindFallです。今回は幻想萃符伝第2弾、幻想回向のプレビュー第1弾を執筆させていただくことになり、緊張しております。
何が緊張するって、下手なことを書いたら鬼の上司に容赦なく没にされてしまうあたりが……あ、Yさん。いえ、なんでもないです。きりきり書いてますよ、ええ。……ふう。
さて、与太話はこのあたりにして、いよいよ幻想回向の話に入っていきましょう。


 幻想回向にはさまざまなタイプのカードが含まれています。幻想郷の事件を現した物、名も無き幻想郷の住民たち、幻想郷のある風景を切り取ったかのような物。しかし、その中でも最も重要で、数が多いのが……8人のキャラクターたちと、そのスペルカードです。8人のキャラクター……四季映姫・ヤマザナドゥ、小野塚小町、フランドール・スカーレット、射命丸文、伊吹萃香、パチュリー・ノーレッジ、そして蓮子とメリー……は、それぞれ違った特性を持ちます。もちろん能力も、スペルカード(約二名ほど、例外的に持っていませんが)も、キャラによってさまざまです。彼女らがどんな特性を持っているのか、大雑把なところはこちらをご覧いただくとしまして、今回は一人にスポットライトを当てて、その性質を詳細に見ていくこととしましょう。
栄えある紹介トップバッター、今回スポットライトを当てられるのは……彼女


 そう、四季映姫・ヤマザナドゥです。


 彼女のクリーチャーとしてのサイズは、まあ、たいした物ではありません。ですが、彼女の真価は戦闘能力ではありません。その本領は特殊能力にあります。
なんと、ダメージを与えたりライフを失わせる呪文を1ターンに一度自動で打ち消してしまうのです。自動ですよ。マナやタップは必要ありません。<<彼岸の竜巻>><<ホーミングアミュレット>>は勿論、<<檄飛ばし>><<メイドの魔法陣纏い>>すらも、打ち消してしまうのです。相手の展開テンポは明らかに狂うでしょう。あなたはその隙に、勝利に向かって邁進すればいいのです。
 しかし、いい事ばかりではありません。彼女の打ち消し効果は彼女の味方であるあなたにも及びます。裁判官である彼女は全てを公平に裁くのです。いかにも彼女らしい特性と言えるでしょう。
もっとも、あなたが彼女の裁きを免れるのはそう難しいことではありません……彼女が裁くような行いを元からしないようにすればいいのですから。幸い、彼女の色である青には彼女の嫌う効果とは縁の無い優秀なカードがそろっています。彼女が容認する行いをするデッキを組むのは簡単でしょう。
全てを静かに裁く彼女、あなたは使いこなせるでしょうか?


 さて、ここでちょっと先ほどのカード画像を見てみてください。それの上の方、カードタイプ欄です。なんて書いてありますか?
「クリーチャー - 裁判官」
裁判官。公式に表記されている裁判長や閻魔ではなく裁判官が種族です。これが何を意味するのか、皆さんお分かりでしょうか?
その正解は、次のカードが教えてくれます。


 そう、裁判長というからには、その周囲を補佐する裁判官が存在するもの。それは幻想郷の裁判長といえど、例外ではありません。幻想回向では、そんな裁判官たちもカード化されているのです。たち? ええ、お察しの通り、彼女らはサイクルです……それぞれの色に一人ずつ存在します。
では、その中の一人、名も無き緑の彼女の能力を見てみましょう。


 クリーチャーとしての能力は非常に――比べるのは酷とはいえ映姫以上に――貧弱です。これでは通常のクリーチャーはおろか、<<湖上の魔精>>にすら倒されてしまうでしょう。コストに見合った能力とはとても言えません。ですから……もうお分かりですね? 彼女の真価はその特殊能力にあるのです。
 彼女の能力は、クリーチャーが出てくるたびにライフを得るというものです。マナの消費やタップは必要なく、立っているだけで自動的に得ることが出来ます。
それだけ? もちろんそんなことはありません。1ターンに2体以上のクリーチャーがでれば、さらにライフを得ることが出来るのです。本来の能力と合わせれば、中々の量のライフを得られることでしょう。ライフによるアドバンテージを得れば、そう簡単にあなたが負けることはなくなるはずです。
 彼女を使いこなすにはどうしたらよいでしょう? まず単純に思いつくのが、軽量のビートダウンデッキに仕込んでみるという方法です。自分で複数クリーチャーが出せるなら、相手のデッキに左右されること無く、安定してライフを得ることが出来ます。もっとも、彼女のサイズはビートダウンデッキに投入するには不安が残りますが……。
もう一つは、クリーチャーを同時に大量に出すようなカードと組み合わせてみる方法です。宣言発動中の<<魔光「デヴィリーライトレイ」>>や、<<ひまわりを抱える統率者>>、そして<<結界「生と死の境界」>>……これらと組み合わせれば、一瞬で二桁のライフを得ることも夢ではありません。さらに、二人以上このカードが出ていれば……夢は広がります。 大らかに全てを包み込む彼女。彼女は、あなたとともに歩む日を心待ちにしています。

 さて、紙面の残りも少なくなってきました。最後に一つだけ皆さんの疑問に答えて、本稿を終わりにしたいと思います。

Q:裁判官が沢山いるのは分かったけど、彼女らが一緒に何かをするようなことはないでしょうか? ただサイクルでいますというだけじゃ、なんだか片手落ちでは?
A:いい質問です。あるカードをみていただければ、その疑問は氷解すると思います。
  ……これです。

次回のプレビューでは、サボり癖のあるあの少女を、YさんことYifeさんが紹介する予定です。
それでは、またお会いしましょう。よい萃符伝ライフを。

| Home |


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。