プロフィール

幻想萃符伝製作委員会

Author:幻想萃符伝製作委員会
東方カードゲーム、幻想萃符伝に関してあれこれと。

幻想萃符伝公式サイト

Twitter on FC2

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
タイトルはホッテントリメーカ―で(ry

こんばんは、yifeです。今回はずっと書こうと思ってきた

「どうして萃符伝はカードゲームなのか、東方なのか?萃符伝はなにを目指しているのか?」

について書きたいと思います。
実は、このテーマについてはずっと書こうとしながら、なんども挫折してきたテーマでもあります。というのも、あまりにもテーマが大きすぎて、うまくまとめられなかったんですね。
今回もうまくいくかどうかは正直不安なんですが...世界設定シリーズを再開するにあたってどうしても書いておくべきだろうと思ったので、書きます。わかりにくいところがあったらコメントなりでつっこんでやってください。

ちなみに、毎度のことですが、以下に書いてある文章はyifeの個人的な考えであり、幻想萃符伝製作委員会全体の意見や、他のメンバーの考えを顕したものではありません。ご承知置きくださいませ。


面白さの差?


トランプゲームってやったことあります?ポーカーとかブラックジャック。あれ、あんまり流行んないですよね。大富豪ならそこそこ盛り上がるけれど、すぐに飽きちゃうし、わざわざ集まってやりたいほどでもない。
それに比べて、ゲーム交流会の盛り上がりようといったら!VISIONも幻想の宴も、月イチくらいのペースで大会がありますよね。大富豪とVISION、どこに違いがあるんでしょう?
なになに?「単純じゃないか、面白さの差だよ」ですって?うん、それはその通り。私も同意します。でも問題は、いったいどこに面白さの差があるんだろう、ってことなんですよ。

私は、その差はストーリーにあると考えます。←結論


ストーリーのないカードゲーム


こんなトランプゲームを考えてください。お互いに1セットずつ、53枚(ジョーカー含む)のデッキを1つずつもって、開始時に10枚引きます。
いっせーのっせ!で手札を出し合って、大きい数字を出した方が勝ち。負けた方は、数字の差だけデッキを捨て札置き場に捨てます。これを繰り返して、先にデッキがなくなった方が負け。
捨て札をみれば、お互いに何のカードがデッキや手札に残っているかがわかりますし、デッキの内容はどちらも同じなので、純粋に戦略の読み合い、心理戦がものをいうゲームになります。すごくフェアなゲームですし、戦略性も高いですよね。

実はこのゲーム、私が友人と何度も遊んだことのあるゲームなんですが・・・飽きるんですよね。ひたすら数字を出していくだけじゃつまんない。
しかし、その友人がすばらしいアイデアを考えつきました。彼は、自分が書いていた小説のストーリーに、トランプゲームを絡めたのです。
神様や精霊同士が戦う小説だったのですが(そこ廚くさいとかいわない)、数字を攻撃、絵札をアーティファクトや使い魔、ジョーカーを神様本人に書き直したカードを作って遊んでみたら、何度でも遊んでみたくなるゲームに変化しました。。小説の内容を知っているので、「これはあの場面の再現だ!」なんて叫びながら、半日そのゲームにつぶしていたのを覚えています。
ちなみに、そのゲームの改良版がSAKURA CONで"Anima Cardgame"という名前で発表されています。なかなか好評だったらしいですよ。

遊びたくなる要素


この経験から、私は気づいたのです。ゲームの面白さ、つまり戦略性等とは別に、「遊びたくなる要素」があるのではないか、ということに。
「遊びたくなる要素」は1つではありません。例えば、TVゲームなら画面の見やすさ、操作しやすいかどうか、なんかだとおもいます。「世界樹の迷宮」は、まさに"操作していて楽しい"という部分を追求することによって成功したタイトルでしょう。あるいは、(正確には遊びとは違いますが)Wiiのボタンをクリックする時の効果音や、ホーム画面で流れている効果音も、「また起動したくなる要素」として取り入れられています。
TVゲームやゲーム機にもあるのなら、カードゲームにおける「遊びたくなる要素」もあるはずです。


「遊びたくなる要素」を探せ!


カードゲームにおける「遊びたくなる要素」っていったい何でしょう?きれいなイラストや見やすいデザインでしょうか?周りにプレイヤーがたくさんいること?それとも、カードの値段が安いこととか?ブランドってのも考えられるかな?

後ろから検討していきましょう。(自分で提案しておいてなんですが)カードゲームのブランドってありますかね?トランプならバイシクル、日本では任天堂というメーカーが非常に有名ですが、「バイシクル買ってきたからトランプやろうぜ!」「おお、任天堂のトランプじゃん!かっけー!」なんて会話は聞きませんよね。ブランドじゃなさそうです。

カードの値段はどうでしょう。友人にカードゲームを勧めて断られる理由の第一位が「お金がかかりそう」です[要出典]。みなさんも経験があるんじゃないでしょうか。
しかし、トランプやUNOは非常に安価で手に入るにも関わらず、さほど遊ばれているとも思えません。日本だけでなく海外においても、ギャンブルとしてのポーカーやブラックジャックは一定の人気がありますが、ギャンブルでないトランプゲームは遊ばれていないというより「だれもそんなゲームを知らない」状態です。となると、値段も要因としては考えられません。

プレイヤーがたくさんいること?でも、UNOも大富豪もみんな知ってるけど、友達と集まったときに遊びます?普通、大富豪よりVISIONですよね(モンハンかも知れないけど)。

イラストやデザインは?これは、意外に大きなファクターかもしれません。どんなにルールシステムが難解でも、好きなキャラクターが出演していれば人気が出る、つまり繰り返し遊ばれるのはご存知の通りです。ううむ、つまりイラストが重要なファクターというわけですね。
(別に特定のゲームを批判しているわけじゃないことをご承知置きください(でもリセは難解すぎると思う))。

かわいいイラストだけじゃ駄目?


美しいイラストやかわいらしいビジュアルを前面に押し出したカードゲームが最近増えていますよね。リセをはじめ、プロジェクトレボリューションとかヴァイスシュヴァルツとか、有名ですよね。特にリセとヴァイスシュヴァルツの人気がすごい。気づいたら、周りでやってないの俺だけになってるし。「おれの嫁デッキ」とか言ってるの。もうドン引き。
しかし、考えてみれば不思議です。リセもヴァイスシュヴァルツもプロレボも、既存のアニメ・ゲーム・エロゲからキャラクターを持ってきています。それに比較して、オンラインTCGとして有名なアルテイルはすべてオリジナルキャラクターですが、ショップがアルテイルの大会を定期的に開くという話は寡聞にして聞きません。
オリキャラだと人気が出なくて、既存のキャラクターだとプレイヤーが集まる。イラストの可愛さ・美しさでアルテイルが劣る訳ではないのに、どこにその差があるんでしょう?イラストが重要なファクターだと前に書きましたが、単にイラストが可愛いだけじゃだめで、ほかに要素があるんですね。
アルテイルになくてリセやヴァイスシュヴァルツにあるもの。それこそが、「ストーリー」なのです。

(続く)

続きを読む »

スポンサーサイト
こんばんは。東劇の申し込み締め切りまであとわずかですが、みなさんはもう登録を済ませましたか?
まだのひとは済ませてからこのblogに戻ってきてくださいね。東京以外の方は、交通手段の確保も忘れずに。バスとか飛行機とか。



よし。これで、ここを読んでる人は東劇参加者になりましたね?(笑)

それじゃあ、東劇についていくつか質問があったのでお答えしましょう。


  • 会場でカードを販売しないの?

  • しません。物販の許可もらってないし、そもそも手元に在庫がありませんw
    いや、第二弾・第三弾はあるんですけどね。みんなが欲しいのは第一弾と土地セットでしょう?

  • それじゃあ、第一弾はプロキシ使用可にしてよ

  • これについてはちょっと考えたのですが、第一弾に関してはすでに売り切れていますので仕方ないですよね。
    公式大会ですが、第一弾(と土地セット)のみプロキシを可とします。
    ただし、プロキシを使用する場合は、対戦前にジャッジと対戦相手に申し出て、確認してもらってください。
    もちろん、ほかのカードと区別できないように、スリーブ必須ですよ!
    第二弾、第三弾のプロキシ使用は不可です。秋葉のホワキャンで買ってきてください。

  • 公式サイトに萃符伝の項目が無いんだけど?

  • 仕様です。急にねじこんでもらったので。

    いや、例大祭のときには「萃符伝が参加する」って決まってて、「ジャッジもこっちでやるから安心してていいよ」って言われてすっかり忘れてて、公式サイトに項目が無いのに気づいて「あれ?萃符伝どうなったの?」って聞いたら「手が足りないから凍結されてる。手伝ってくれるなら開催するよ」って言われた。
    絶望した!某ゲームとの扱いの差に絶望した!


    確認しなかったこっちが悪いし、東劇の中の人たちが目が回るくらい忙しいので仕方ないですけどね。VISION大会楽しみです。エントリーも済ませたし(本当)



今回の大会は、エラッタを調整するためのバランス確認も兼ねています。ぜひ、あなたが優勝できると思うデッキで挑んでみてくださいね。

あ、プロキシに使う画像はMWSの画像を使うといいかもね!


p.s.
私が個人的に持っている4セット分のカードを、プロキシ代わりにお貸しします。でも、基本的に早い者勝ちになっちゃうので、プロキシ使う人は自分でプロキシの用意をしてきてくださいね。
こんにちは!こんにちは!本当は世界設定の文章をのせるつもりでしたが、もっとクリティカルなイベントが発生したので最優先でお届けします!

通称東劇、"East Opera the 4th"において、幻想萃符伝の大会を開催させていただけることになりました!
詳しくは以下にどうぞ。

日時:2009年5月4日
11時から15時までを予定しています。ほかのイベントとの兼ね合いで、多少時間が前後する可能性があります。
というより、9時の開会式が終わったらすぐに会場に移るんで、朝からくることマジおすすめ。

場所:ハイライフプラザ板橋

参加費:1000円。(他の種目に2種目以上参加する場合は1500円)

備考:
参加者登録が4月19日までに必要です。East Opera the 4thのウェブサイトからかならず登録してください。幻想萃符伝の大会以外の催しに参加しない場合は、ほかの種目をすべて「不参加」としてください。もちろん、時間が被らなければ、ほかの種目に参加することもできます。
今回はガチデッキを蝶推奨。もちろん、大会終了後のフリープレイでファンデッキをプレイすることもできます。



現在行っているアンケートの「どこで開催してほしいですか」の結果が、見事に東京ばっかりで思わず吹き出したんですが、
東京って答えた人はきてくださいね!待ってますよ!
世の中には5月病なんてものがあるらしいですが、5月を待たずして息切れしそうなyifeです。エイプリルフールネタを作ったのはいいけど撤去作業をすっかり忘れてたとか(windくんありがとー!)

お知らせが1つと、アンケートが1つと、やっぱりお知らせがあります。

1.公開デバッグお知らせ(お願い)
プログラムじゃないのにデバッグとな。

たぶん気づいている人はいないと思うけど、新しいウェブサイトがオープンしてます。
http://eratta.suifuden.info/ 幻想萃符伝エラッタwiki

こいつはいままで発行されたエラッタをまとめる場所じゃありません。
これから発行されるエラッタを検討する場所です。

そろそろ第一弾も第三弾も土地セット(増刷したんですが)も売り切れてる今日このごろ、「それじゃ再販の準備するか」という話になってるんですけれど、せっかく再販するんだからいままでのエラッタで修正できなかったところも全部まとめて修正しちゃおーという大規模なオーバーホール計画が持ち上がっているのです。実は。

というのも、いままでのエラッタはできるだけ覚えやすい変更にすることが前提にあったので( 数字は変更しないとか)、あんまり大幅な改変もできなかったんです。


だって普通はマナコストとか膨張しないじゃん。だって自分のデッキの必要マナ数がだんだん伸びてったら困るじゃん。陽光の先駆けが5ターン目とか困るっしょ。

起動コストが変わって、2弾のときは手札1枚だったのに、3弾のときはアーティファクト2枚とか泣くっしょ。



うん、なんというか、ほんとごめん。一気に使えなくなったよね、魔理沙の倉庫整理。わざとなんだけどさ。

やっぱり、カードに書いてある数字が全然違うものに変わってて、横のエラッタリストとにらめっこしながら対戦するのって、あんまりよくないと思うんですよね。対戦のテンポ悪くなっちゃうし。面倒だし。
だから、エラッタはばんばん出すんじゃなくて、対戦中に「ああ、そういえばこれはコレコレな修正だったな」って思い出せる程度の数にしてあったりします。

でも、印刷するのなら関係ない。どんな大規模な修正でも関係ないですね。カードに直接書いちゃうんだから。

というわけで、「こうしたほうがいいんじゃね?」という案をお持ちでしたら、wikiに投げてみてください。テストしてみますから。
同時にテストプレイヤーも大募集中です。人数が少ないと濃密なテストプレイができて楽しいんですが、いかんせんメンバーの好みが反映されすぎる。それもちょっとね。

あ、誤解されそうなので追記しておきます。この「エラッタを作るのは君だ!(仮)」(いま命名)は、プレイヤーにおんぶにだっこしてもらうつもりの企画じゃありません。基本的に、開発陣がしこしこ調整することを想定しています。現にエラッタリスト草案もできてます。(まだwikiにはのっけてないんだけど)
でも、いままでみたいに密室でエラッタを決定するのは非常に排他的だし、3人寄れば文殊の知恵といいますから。バザール方式で、きっとうまく行くと思います。

2.交流会開催についてのアンケート

何度も何度も「東京で交流会開くべきなのは確定的に明らか」といわれながら、「いやーメンバーが東京住んでないんでー」という返しをしてきたわけですが。
前回の例大祭以降、東京で開いてくださる方が現れましたので、東京でも定期的に開催できるかと思います。

でも、東京だけで開催ってのも寂しいですから、東京、大阪、名古屋の3カ所で定期的に開催できればな、と考えているのでありました。
とはいえひじょーにおおきな不安もありまして。それは、だれか遊びにきてくれるのかってこと。場所代払って、予定を組んで交流会を開いたのに誰も来ない...ってのはあまりにもAWAREだった。いや、交流会を開くたびに緊張と不安で汗だらだらなんですよ。ほんと。

というわけで、どこで、いつ開催したら参加したいかのアンケートを取らせてください。人数の多寡も開催場所の目安になりますし、時期や曜日がわかっていれば予定を組みやすいです。

アンケートの集計はいつものgoogle spreadsheetで。こちらからお願いしますね。
http://spreadsheets.google.com/viewform?formkey=cE1Bc080WGl5eVBvMUFZTzhuTHd5RWc6MA..


3.おまえサイト変更しすぎじゃねjk
※開発者向けの話かも

今度のサイト移転はひと味違う!

サイトアドレスが http://bi-pi.info/suifuden/ から http://suifuden.info/ に強制的にリダイレクトされるようになっていることにみなさんお気づきでしょうか。こそーりドメインとってみました(今更)。おまけに自鯖にしてみました。これでデータベース使用量とか気にしなくてすみます。

んで、単にドメインを変更するだけというのも味気ないので(そんな理由!?)、サイトを全面的に作り直してみました。

え?大して変わってないじゃないかって?
いえいえ、見た目じゃないんですよ。たとえば、「萃符伝とは」のアドレスを見て下さい。最後に.phpがついてます。
実は、サイトを全面的にxoopsでリニューアルしたんですよ!というわけで、地球のどこにいても内容が編集できるようになったのでした(たとえハワイでも)。
RSSも取得できたりするので、暇だったら試してみてください。私は使ってないけど(ぉ

この移転でなにが便利かって、ちょっとした変更なら私がわざわざhtmlを書く必要がなくなったってことです。メンバーなら誰でも編集できるようにしたので。
あの使いにくいExpression Web2ともおさらばだ!(Visual Studio2008のほうがhtmlもcssも書きやすいってのは本気でどうかと思う)


俺、このblogをあげたら、wikiの更新するんだ...なyifeでした。


P.S.
しばらくごたごたして途絶えていましたが、世界設定シリーズもつづくよ!
あと、TOPのあおくびてんこさん、予想以上に美しいのでしばらくそのままの方向で。
というわけでいまからだいたい4/1です。(時差)

ご無沙汰しておりました。サイト弄ってて疲れたので直球で行きますね→

新作の特設ページを作成しました!

中身は見てのお楽しみ!


他にもいろいろ書くことがあるんですが、とりあえず今日はこれだけで!ごめんなさい、サボってる訳じゃないんですよ-。今日書くといろいろ誤解されそうなので!

というわけでyifeでしたー!
気が付けば、もう4月ですね。
まだ寒暖の差が激しい今日この頃、皆様、いかがお過ごしでしょうか。
先月7日に秋葉原で開催しました交流会の主催、ganzoです。
更新が遅れに遅れてしまい、申し訳ありません。


…という訳で、遅くなってしまいましたが、第6回博麗神社例大祭に参加された皆様、お疲れ様でした。
また、その前日の交流会にご参加下さいました皆様、お疲れ様でした&ありがとうございました。
今回は、その交流会のお話をさせていただきます。

何度かお伝えしましたように、今回の交流会は喫茶店を借り切っての開催となりました。
会場となったお店は末広町にある、カフェ・トリオンプ
秋葉原の喧騒から離れ、それでも秋葉原のすぐ近くという立地と、こじんまりとした店内の落ち着いた雰囲気が素敵なお店です。

d.jpga1.jpg
(お店の雰囲気は落ち着いているのですが、当日は私がオフ開始直前に到着してしまった為、そのバタバタとした部分を最後まで引っ張ってしまった感があります…ごめんなさい)

始めのうちはそれぞれ、雑談をしていたり、フリーの対戦をしていたりといった感じだったのですが、主催側の準備が済み、ある程度の人が集まってきたところで、スイスドロー3回戦のトーナメントを行う事になりました。
今回は、萃符伝のデッキを持って来ており、かつ、中の人でない参加者の方が7名いらっしゃいました。
7名です。「あと1人いれば!」と、つい考えたくなってしまうところですね。
そこで急遽、私も参加させていただく事になり、これで計8名。
無事にトーナメントを行う事ができそうです。

b.jpga.jpgc.jpg

…が、そのトーナメント、結果があまり無事ではありませんでした。
というのも、数合わせの為に参加した私が2回戦終了の段階で暫定1位。決勝戦で敗れはしたものの、それでも2位という結果を残してしまったのです。
なんというKY………ッ
しかも、トーナメントを開こうとは以前から考えていたのですが、肝心の賞品を用意する事を忘れてしまいました。
その為、苦肉の策として、上位の方には(成人されている事を確認した上で)ワインを1本ずつ贈らせていただく事に…お受け取り下さってありがとうございます!

結果として、そんなgdgdなオチを自分で用意してしまった今回の交流会には、私を除くと12人の方がご参加下さいました(お手伝いさん、中の人×2人を含む)。また、翌日の例大祭でお会いした方のお話などを伺ったところ、「参加したかったけどできなかった」という方もいらっしゃったのだそうです。
皆様、本当にありがとうございました!



…そんな今回の交流会で見えたもの、感じた事を幾つか。

今回のトーナメントでは、純粋に勝ちに行く事だけを考えた(要はガチな)デッキを使った方があまり居なかったのだそうです。意外に感じた方もいらっしゃったのではないでしょうか。
それを受けて、また近いうちに都内で交流会を開催したいと考えています。
「ガチなデッキ」縛りのトーナメントを開いてみたい、というか、見てみたいのです。
あるいは、「第2弾以降、萃符伝に興味を持ったけど第1弾が手に入らない」という方がいらっしゃる事から「第2弾、第3弾のみで組んだデッキ」縛りのトーナメントとか。
考えがまとまって予定が立ちましたら、改めてお知らせ致します。

また、夏に開催されますコミックマーケット76の前後でも交流会を開催したいと考えています。こちらは今回同様、お店を借り切っての開催としたいところです。
ですがそこでの悩みのタネは、C76のジャンルコードによると、東方が2日目になっているという事。
難しいところです……どうしたものか。
何にせよ、こちらも決まりましたら、改めてお知らせ致します。

そして何より、次回こそは素敵な賞品を用意できるよう、交流会のスムーズな進行が出来るよう、気を付けていきたいと思います。
素敵な賞品…何がいいかな。



(注:この記事は嘘ではありません)

| Home |


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。